テレワークで腰が痛くなった、その対処法とは?

こんにちは。ユアストーリーの

國友です。

 

 

コロナウィルスの蔓延でその予防の

一環で、オフィスワーカーたちが一斉に

在宅でのテレワークに切り替わりました。

 

今まで、会社に通勤をして行っていた

仕事が自宅に移り、満員電車に

乗らなくてよい移動時間の削減という反面

自宅の環境に職場が移動してくるわけ

ですから、自宅内の環境整備をしなくてはいけません。

 

 

テレワークの良し悪しの項目は細かく述べませんが

テレワークを長時間続けることで、腰痛や肩こりの

相談が多くなってきています。

 

テレワークは時間が沢山使えて効率的に作業を進められる

反面、仕事量も必然的に多くなったり、画面の前に長時間

座っていなければならず、お尻が痛む、腰が痛む、肩が凝る

などのからだの影響も出てきています。

 

 

実際にインターネットではデスクチェアーの売れ行きが

良いそうです。また、運動不足になりがちなので健康器具の

売れ行きも好調と聞いています。

 

テレワークをする上で体に対して気を付ける点について

少し述べてみたいと思います。

 

 

長時間座ってる姿勢は、腰椎に大きな負担をかけています。

時々(30分に一度くらい)立ち上がるなど、姿勢を変えて変化をつけると良い。

会社に通勤していた時は、時々姿勢を変えていた環境から

急に座りっぱなしになると、腰痛を起こす原因になります。

 

 

椅子と同様、デスクに肘がフィットしないと、肩こりの原因になります。

適度な高さのデスク(肘関節が90度程度で置ける高さが良い)

選ばないと、無理な姿勢でタイピングなどの作業をすることになり

肩こりや首痛などを起こしやすくなります。

 

一定の時間を画面を見ていると、眼精疲労、首痛の原因になる。

首を回したり、目薬を差したり工夫をした方が良いです。

実際、パソコンの画面などから出ているブルーライトの目に対する

悪影響も多く報告例があり、目と首の動きは繋がっているので両輪で

工夫する必要があるのです。

 

 

ストレスのかかった姿勢では、集中力も下がり作業効率も悪く

なります。会社にある椅子や、机を買いそろえる必要はありませんが

体にかかる負担を極力軽減することが大切です。

 

椅子が合わなければクッションを置いてみる。

机が合わないなら部屋を変えてみる。椅子の高さで調整する。

など工夫・改善の余地は少しの工夫で意外と改善できるものです。

 

 

実際、テレワークをしているときは誰とも話さず、黙々と

仕事をしているため、立つ・歩く・話すなどの行為が不足

しがちです。定期的に姿勢を変えたりして体にかかる負担を

軽減しましょう。

 

具体的には、立ち上がる、深呼吸をする、背伸びをする

など簡単なことで十分です。時には手を止めて天井を見上げたり

つま先で立ってみたり、少しアクセントを加えてみてください。

痛みやストレスを感じていない方が、より集中力も

高まり仕事もはかどるはずです。

この他にもからだの事のほかに、集中しやすい環境整備の話などは

また次回にしたいと思います。

 

 

いかがだったでしょうか?少しの工夫でテレワークも快適な

環境に変えることができます。是非参考にしてみてださい。

今日のブログが、日常のあなたのお役に立てたら嬉しいです♪

 

 

ユアストーリーは、今日も

あなたを応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

====================

日々の活動などはフェイスブックなどでも

更新しております。

ユアストーリーの

フェイスブックはこちら↓

 

https://www.facebook.com/Your-Story-CoLtd-1041030756057547/?modal=admin_todo_tour

====================

 

國友の個人の活動

フェイスブックはこちら ↓

 

https://www.facebook.com/eiji.kunitomo.3

 

お友達申請はお気軽にどうぞ。

(友達の友達からしか申請できません

申請の時は、ひとことメッセージを頂けると

嬉しいです♪)

 

関連記事

  1. 思い込みに気がつくには?

  2. 顔ヨガ

  3. 診るということについて

  4. チャプマンについて

  5. 先延ばしを撲滅するちょっとしたコツ

  6. 1つでいいの??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。