3日坊主から脱却するには??

こんにちは。ユアストーリーの

國友です。

 

コーチングや、リハビリの場面で

先送りをどうしてもしてしまう。

 

「どうしたら習慣化できますか?」

「3日坊主をやめるには?」

 

という質問をよく受けます。

 

私の師匠が、できないを生み出す12の原因

というレポートをまとめているのですが

その中の一つに、「ホームラン思考」

というものがあります。

 

これは何かというと

目標が大きすぎる。

 

ヒットをコツコツ積み重ねないで

ホームラン狙ってばかりいる。

 

という心の状態です。

 

実は目標を達成するには

細かなステップが隠れています。

 

 

例えば、ダイエット。

 

「よし!来年は5キロやせるぞー!!」

 

という目標を立てたとします。

 

次の日、減量だ!!朝昼ごはん抜いて

「一食で行くぞ!!~~。。」

「よし、飲んでる酒もやめよう。」

「運動だ!!走ろう!!プールだ!!」

「スポーツジムいくぞ!!」

と始めます。

 

 

ところが、長年築いた習慣と

身体の内面がすぐに変化するはずもなく

(変化を起こすにはまず3週間、続けて3か月の

継続が必要とのデータもあります)

 

結局途中で挫折してしまい

「あ~~、やっぱりだめだった・・」

「自分はだめな人間だ・・」

 

とセルフイメージを下げることになってしまいます。

 

実は5キロのダイエットは難しくありません。

実際私は今年の1月から8キロのダイエットに

成功しています。

 

 

しかし、それは私が特別な人間だから

できたわけではありません。

 

 

どうしたかというと・・

 

 

 

 

・・

 

・・・

 

【目標を細分化する】

 

です。

 

最初からダイエットなどは

3か月から6か月かかるので

そのための目標を

細分化すればいいだけの話です。

1か月で結果を出そうとしないことです。

 

 

ホームランを打つにはそれなりに

細かい準備と積み重ねが隠れています。

 

 

それを無視して大きな結果を生むことは

できません。

 

 

リハビリでも目標を立てたら

まずはベビーステップを立てます。

その積み重ねで、自主トレーニングの

メニューなども細かく設定していきます。

 

 

そうすることで、これでいいんだ。

このままでいいんだ。という「確信」が生まれ

また、「今日もできた!!」

というセルフイメージの向上も生まれ

良い行動習慣・思考のパターンがが身に付き

3日坊主がなくなります。

 

 

私は、この思考パターンで

 

  • 8キロのダイエット達成(体重の10パーセント相当)
  • 0メートルから始めた、30分5キロのランニング達成
  • 庭・部屋の片づけに成功
  • 衣類の断捨離
  • 仕事の時間整理術

 

など数々の目標を達成してきています。

 

目標を立てたとき、大きすぎてないか

検証してみてください。

まずは、小さな一歩を踏み出すこと

を応援しています。

 

 

ユアストーリーではリハビリの中に

脳科学で裏付けされた行動習慣・思考のパターン

の改善などのアドバイスも行っています。

 

ご興味のあるかたは、個別コンサルティングも

受け付けています(一般の人も可能です)ので

お気軽にご連絡くださいね(*^^)v

 

 

 

 

 

日々の活動などはフェイスブックなどでも

更新しております。

ユアストーリーの

フェイスブックはこちら↓

 

https://www.facebook.com/Your-Story-CoLtd-1041030756057547/?modal=admin_todo_tour

 

いいね!をお願いします!

 

 

國友の個人の活動

フェイスブックはこちら ↓

 

https://www.facebook.com/eiji.kunitomo.3

 

お友達申請はお気軽にどうぞ。

(友達の友達からしか申請できません

申請の時は、ひとことメッセージを頂けると

嬉しいです♪)

関連記事

  1. 幸せだなぁ。。。

  2. 自分自身に気が付くにはどうしたら良いか?

  3. ここに存在しているだけで価値がある

  4. 診るということについて

  5. 「センスを磨くには○○が良い」という話

  6. シャンパンタワーの法則

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。